Index
検索

災害看護とは

刻々と変化する状況の中で被災者に必要とされる医療および看護の専門知識を提供することであり、その能力を最大限に生かして被災地域・被災者の為に働くことである。したがって、被災直後の災害救急医療から精神看護・感染症対策・保健指導など広範囲にわたり、災害急性期における被災者・被災地域への援助だけでなく災害すべてが災害看護の対象となる。

最新ニュース
投稿者: admin 投稿日時: 2016-7-13 10:24:04 (33 ヒット)

 5月末から支援を開始した西原中学校避難所は、7月は仮設住宅への移行期となり、避難所は7月18日をもって閉鎖・統合となります。被災者の皆さんは仮設住宅への移行の準備や中学校へ体育館をお返しする準備に追われています。
 今後の活動につきまして、仮設住宅、在宅、統合された避難所などのケアが必要と考えてきましたが、現地の支援者(公助)からは、さまざまな団体が支援に入ることによる個人情報の拡散を懸念する声が強く上がりました。
 この状況をもちまして、当機構は、22日の体育館返却をもっていったん活動を終了することといたしました。ただ、私たちの被災地支援の経験知からは今後の支援の重要性も十分に認識しています。 熊本の復興はまだまだこれからです。私たちの眼を熊本から離さずにいましょう。今後はテンポラリーな活動、また現地からの要請も含めて対応していきたいと考えています。
 西原村へ足を運んで支援に当たって下さった皆様、日程が合わずに仕事場からエールを送って下さった皆様、ありがとうございました。今後の支援活動にも是非ご協力をお願いたします。ご一緒に活動しましょう。

2016年7月13日
NPO法人災害看護支援機構
理事長 小原眞理子


 熊本支援についての寄付金募集中
   振込み先
     郵便振替
      番号:00110-6-669781
      口座名:特定非営利活動法人 災害看護支援機構
      ※「熊本支援寄付」と明記してください。